飛行機の謎と疑問>●機体に氷が付いてしまったら

旅客機の巡航高度となる1万mもの上空は、気温がマイナス
50〜55℃にもなるような極寒の世界。

そんな中を飛行機が飛んでいたら、機体が凍りついてしまう
のではないかと思われるが、寒いだけでは機体は凍り付いて
しまうことはなく、乾燥をしていれば、機体に氷がつくこと
もない。

氷が張り付く原因となるのが、水分を含む霧や雲の存在、雲
の中を飛行しているときに、気温が10℃以下に下がると、
主翼や空気取り入れ口などに着氷するおそれがある。

主翼に氷が張り付くと、翼の表面を流れる気流が乱れ、揚力
が得られなくなり、揚力を失えば機体は宙に浮かんでいるこ
とはできず、失速や最悪の場合、墜落しかねないのだ。

さらに、ジェットエンジンの空気取り入れ口周辺に着氷した
場合も危険で、氷がエンジンの中に吸い込まれると、圧縮機
を損傷する場合があり、エンジントラブルの原因ともなる。

それでは、この氷に対する旅客機側の対処方法としては、ど
のようなものがあるのだろうか。

旅客機には、着氷を防止するための「防氷装置」が備え付け
られており、代表的な防氷装置としては、大型ジェット機の
主翼前縁部分に取り付けられている「ブリード・エア」と呼
ばれる装置がある。

この装置の内部にはダクトが通されており、パイロットがコ
ックピット内にある「防氷スイッチ」をオンにすれば、ダク
トにエンジンから高温の空気が流れるようになっている。

こうすれば、主翼前縁の表面が熱くなり、雪や氷が付着して
も、すぐに溶けてしまう。

旅客機にはこの他に、コックピットの窓が凍らない装置など、
気温の低い場所を飛行する際にトラブルになりそうな部分に
は、あらかじめヒーターなどを設置しており、着氷に対する
万全の対策をとっているのだ。

飛行機の謎と疑問

トップページ
●飛行中にエンジン全基停止?
●緊急事態発生!燃料投棄せよ!
●自動操縦でのんびりフライト?
●完全な自動操縦は実現可能?
●飛行機は速ければ速い程よい?
●機内食は別メニューの理由
●大型旅客機が一般道路に着陸?
●乱気流に巻き込まれると?
●飛行機が雷に打たれると?
●機体の床下と天井裏にあるもの
●失速は即墜落につながるもの?
●離着陸時に機内が暗くなる理由
●機体に穴が空いてしまったら?
●最強のブレーキ!逆噴射!
●機体を短くすれば燃費向上!?
●機内が乾燥している理由
●主翼の先端が曲がっている訳
●飛行場内での移動方法は?
●どの座席が静かで快適なの?
●座りたくても座れない座席は?
●究極のフェイルセーフ構造
●パラシュートがあれば助かる?
●どの座席が一番安全な座席?
●エンジンの中で鳥が大爆発!?
●油圧システムは航空機の生命線
●「過酷」なエンジン耐久試験
●「積乱雲」には誰も勝てません
●ブラックボックスの秘密
●機体に氷が付いてしまったら
●飛行機雲はなぜできる?
●コックピットにベッドが!?
●飛行中にワイパーは必要?
●金属疲労の恐怖と戦う設計者
●「空弁」を食べに空港へ!?
●離陸前に客室乗務員がする事
●お気の毒な「飛行機恐怖症」
●なぜ翼が燃料タンクなのか?
●地球一幻想的なフライトとは
●魔の11分間とは何なのか?
●ジェット機の燃料は灯油!?
●過酷な客室乗務員の仕事
●機長には絶対服従なのか?
●着陸時に事故が多い理由
●最高機密のフライトとは?
●離陸時の3つの判断基準とは
●空飛ぶ病院と呼ばれる飛行機
●エンジンは旅客機の心臓
●重大事故につながる数千の原因
●航空機内の水事情は?
●航空機の安全は足元から
●搭乗手続き時の密かな確認事項
●ファーストクラスの底力
●激変したコックピット内部
●ゴミの分別が厳格な本当の理由
●巨大な格納庫での整備風景
●飛行機を食べる恐ろしい敵
●窓のない飛行機の謎とは
●一刻も早く地上に帰りたい!?
●飛行機の安全率とは?
●巡航高度が1万mの理由
●飛行機の値段と取引形態
●ポケモンジェットのお値段は?
●幅が80m近くある航空機
●離着陸のライブを楽しもう
●火災発生!その対応方法は?
●パイロットがやる運航前点検
●コックピット内の安全点検
●意外に小さいタイヤサイズ
●機内清掃時の強力な助っ人
●時差ボケの防止と解消方法

その他

リンク募集中